台湾文化

高雄観光完全ガイド① 高雄への行き方、高雄国際空港攻略編

台湾が日本からの旅行先No.1になり、台湾に行かれたことのある方も多いと思います。

初回はほとんどの方が台北、九份などの北部を回られるかと思いますが、南部もとてもいいところです!

魅力たっぷりの南部を体験したい方向けに、今回は南部の主要都市である高雄への行き方と、南部の窓口である高雄国際空港をご紹介します

高雄への行き方① 台北から行く

台北への飛行機を利用した場合などは、台北から行くことも出来ます。

新幹線を利用

台湾の大きさはほぼ九州と同じです。その北にある台北と、南にある高雄は高鐵と呼ばれる新幹線によって繋がっており、2時間弱で移動できます。まさに福岡と鹿児島をつなぐ九州新幹線のようなイメージです。

切符の買い方ですが、まず「高鐵」や「HSR」と書かれている看板を頼りに、券売機を探しましょう。現金だけでなくクレジットカードも使用可能です。台北駅には、普通の鉄道も地下鉄も乗り入れているので、改札を間違えないように注意しましょう!

チケットは片道1490元(約5000円)です。 正しく買えればオレンジ色の切符が出てきます。

ちなみに行き先選択の時に混乱するかもしれないのが、高雄駅ではなく、高鐵が乗り入れているのは左營駅になります。新幹線は中心部までは乗り入れておらず、そこから地下鉄に乗り換えることになります。乗り方は後述します。

バス・普通列車を利用

高速バスや普通列車を使えば、台北からも5時間で安く行けます。ただし、時間に制約のある旅行者には少しもったいないと思います。

高雄への行き方② 直接高雄国際空港に飛ぶ

旅程が南部のみになっている場合は、高雄国際空港を玄関口に使うのがいいでしょう。

高雄国際空港は台湾第二の規模の空港で、日本からも複数都市から就航しています

成田(毎日)、関西(毎日)、福岡(毎日)、那覇(毎日)、新千歳(週5)、中部(週2)という主要空港からは定期的にフライトがあります。残念ながら羽田と高雄を結ぶ便は存在しません。

よって日本の主要空港から近い方は南部に直接飛ぶ②のルートが、そうでない方は台北に降りてから新幹線で移動する①のルートがオススメです。

高雄空港に着いた後の案内は次の章でご説明していきます。

成田発着便とモデルプラン

成田空港からは以下の5便が就航しています。コードシェア便もありますが、発着はこの5便です。大きく分けて正午に出て午後に着く便と、夕方に出て夜中に着くものがあります。夜着のものでも高雄地下鉄の終電には余裕なのでご安心ください。

※バニラエアはピーチに統合されます。

便名/航空会社出発到着所要時間運航日
IT281
タイガーエア台湾
11:5015:004h10m月-水-金土-
CI103
チャイナエアライン
12:2015:204h0m毎日
BR107
エバー航空
12:4515:403h55m毎日
JL811
日本航空
18:0021:104h10m毎日
JW135
バニラエア※
18:4521:504h5m毎日

高雄空港からの帰国便も同様に5便です。基本的に朝に出発する便しかないので、午後まで遊んで帰るというのが出来ないので少し不便ですね。

便名/航空会社出発到着所要時間運航日
CI102
チャイナエアライン
06:5011:203h30m毎日
BR108
エバー航空
07:0011:453h45m毎日
IT280
タイガーエア台湾
07:55
08:05
08:15
12:40
12:40
12:50
3h45m
3h35m
3h35m
–水—-
—-金土-
月——
JW130
バニラエア※
08:1512:553h40m毎日
JL812
日本航空
09:4514:253h40m毎日

成田発着の場合のモデルプランは、金曜に午後休を取るなどして夜の便で台湾に来て、日曜朝または月曜朝に帰国するという流れになります

関空発着便とモデルプラン

関空では6便が就航しています。行きは午前便から深夜着の便まで幅広くあります。

便名/航空会社出発到着所要時間運航日
MM35
ピーチ
10:5513:153h20m毎日
IT285
タイガーエア台湾
11:1513:403h25m-火-木–日
CI167
チャイナエアライン
12:0014:153h15m月-水木-土日
BR181
エバー航空
12:1014:303h20m毎日
TR895
スクート
16:35
16:55
18:45
19:05
3h10m
3h10m
月火-木-土-
–水-金-日
CI177
チャイナエアライン
20:3522:503h15m-火水木金土日

帰国便も同様に6便です。こちらも午後便もあります。

便名/航空会社出発到着所要時間運航日
CI166
チャイナエアライン
07:0011:003h0m毎日
BR182
エバー航空
07:0511:103h5m毎日
IT284
タイガーエア台湾
09:0013:003h0m-火-木–日
TR894
スクート
11:3015:353h5m毎日
MM36
ピーチ
14:0017:552h55m毎日
CI176
チャイナエアライン
15:3519:353h0m–水木-土日

モデルプランですが、全体的には成田便に比べて満遍なくフライトがありますので、組みやすいかと思います。最も滞在時間が長いのはチャイナエアラインで金曜夜着、日曜午後発で組んだ場合です。

高雄空港での入国方法

高雄空港に着陸したら入国手続きになります。

搭乗ゲートは12個ほどで決して大きい空港ではないので、「入境」や「ARRIVAL」の文字を頼りに歩いていけば迷うことはありません。入国免税店(アルコール、たばこ、香水などのみ)の横を通り、エスカレーターで下に降りたところに入国手続き用のカウンターがあります。

入国手続きは主に4つの列があります。特殊な事情がなければ、外国人用の列に並びましょう。

  • 外国人用の列通常はここに並びます
  • 台湾人用の列:他にも「常客証」を持っている外国人はここに並ます
  • 台湾人用自動ゲート:ゲート登録している台湾人が使用できます
  • 空港スタッフ用ゲート:その他外交官などはここに並びます

なお常客証についてはこちらの記事でご紹介しています。

入国の際には、記入した入国カードとパスポートを提出しましょう。またカメラで顔写真を撮り、両人差し指の指紋を取ります

通常質問はほぼありません。日本人の場合、パスポートを見せると日本語で簡単に挨拶してくれることもあり、怖い雰囲気はないので安心してくださいね。

入国すると、預け入れた荷物を受け取るベルトコンベアーのエリアがあり、預け入れ荷物がある場合はそこで引き取ります

その後、税関を通過します。日本では税関申告書の提出がありますが、台湾には特にありません。申告ありの列となしの列があるので、特別申告の必要な物品がない場合には、申告なしの列を歩いて通過しましょう。

高雄空港から市内への移動方法

高雄空港は、市中心部の南の方にあります。距離的には羽田と東京の中心部よりも近いです。

地下鉄で向かう

高雄中心部の路線図は以下の通りです。最新の路線図はこちら(高雄メトロの公式ページ)をご参照ください。

捷運(ジエユン)、英語ではMRTと呼ばれる地下鉄はこの中の紅とオレンジです。高雄空港は右下にあるR4「高雄國際機場」です。見どころは完全ガイド②以降でご紹介しますが、R8「三多商圈」からR16「左營」あたりや、オレンジのO1「西子灣」からO5「美麗島」あたりがオススメです。

その他の路線を簡単にご紹介すると、R16「左營」駅に書いてある”高鐵”というのは新幹線のことで、台北に行くときなどこちらを使います。現在はここが終点です。さらに南の屏東に行くためにはR11「高雄車站」から鉄道に乗っていきます。台南に行くときも、高鐵よりは鉄道に乗った方が便利です。他にある緑色はLRTという路線電車で、一部が開通しました。将来的には一周する予定です。

ところで乗り方ですが、空港を出てすぐに紅線の改札があります。そこでチケットを買って乗りましょう。チケットは一回きりのトークン式のものを購入するか、ICOCAのようなICカード「一卡通」(英語名はiPass)を作るかが選べます。個人的には一卡通のほうがオススメです。チャージ式なので切符を買う手間が省けるだけでなく、MRTや他の地下鉄の運賃も割引されるのでお得です。高雄駅まで乗ってもわずか18分ほどです。

MRTは5時56分~23時41分まで4分~20分の間隔で運行しています。多少入国に手間取っても間に合うと思います。

料金は区間によりますが、20元~65元です。1元が3.6円程度ですので、100円くらいです。

そんなに難しくないですし、バリアフリー設備も完備しておりスーツケースでも楽なので、ぜひ地下鉄をオススメしたいです。

一点、台湾の地下鉄では飲食が全面禁止されていますので、暑い夏でも飲むことが出来ませんので注意してください!

タクシーで向かう

大荷物の時などに楽なのはタクシーです。台湾のタクシーはメーター制ですしぼったくられる心配はありません。行き先を伝えると、ナビを入れたり入れなかったりして連れて行ってくれます。国際線の到着階ロビーを出てすぐの場所にタクシー乗り場があります。写真のような黄色い車体です。

高雄駅までは約15分、高雄市内中心部まで約20分で、料金は150元~300元(日本円で約700円)ほどです。ただ場合によって空港利用料や時間によって深夜料金が加算されます。

なお、台湾にはチップ制度はないのでメーターに表示された金額だけ支払えばOKです。

バスで向かう

最も安価ですが、オススメしません。少し難しいのと、他の交通手段でも十分安いからです。ご興味のある方はご自身で調べてみてください!

高雄空港で利用したいサービス

最後に、高雄空港におけるサービスについて簡単にご説明していきます。

iTaiwan:台湾全土で使える無料WiFi

高雄国際空港では、台湾全土で利用することができる無料WiFi「iTaiwan」のIDを発行しています。iTaiwanのアカウントで、台北の「Taipei Free」や他の都市の無料WiFiにも接続できるので、通信料を抑えたい人はぜひ取得しましょう。

申請方法ですが、入国審査場を通りぬけ、「旅客服務中心」というサービスセンターでパスポートとスマホを見せればIDとパスワードを発行してもらえます。日本語も通じます。

プリペイドSIMカード

WiFiではなく、常に通信を確保したい場合はプリペイド制のSIMカードを契約しましょう。空港で契約すると安いです。直近で見たときは、5日間の無制限プランで300元でした。

窓口は税関を出て、レンタカーの並びのところにあります。ただし窓口が20時で閉まってしまいますので深夜便では契約できません… 街中の店舗でも契約は出来ますが、英語や日本語はあまり通じないのと、価格は若干街の方が高いので少し大変です。

もし心配な方は、日本でWiFiを契約していくのがオススメです。

両替・ATM

地下鉄やタクシーに乗る前に必ず両替しておきましょう。2店舗ありますが、レートはほぼ同じなのでどちらでも問題ないです。市内の両替所と比べてもレートは悪くないので、よほど多額の両替をする場合でなければ、ここでしてしまいましょう。

その他

他にも、免税店、レストラン、手荷物預かり所、携帯充電スポットなどあります。必要に応じ活用してください!

まとめ

以上、高雄観光ガイドの①として、交通に焦点を当ててご紹介してきました。

②では宿泊先を、③では観光名所をご紹介していきます!(近日公開予定)

航空券・ホテルの予約方法は下記記事を参考にしてください。

ABOUT ME
ありま
ありま
台湾嫁日記の管理人。台湾人と国際結婚した日本人夫。新宿区在住。'18/9 入籍、'19/5 日本挙式、'19/12 台湾挙式予定。普段は会社員として日々奮闘してます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

少しでも役に立つ/面白いと思ってもらえましたら、Twitter, Facebook, はてなブログなどでシェアしてくださるととても嬉しいです!