台湾文化

台湾のバレンタインは年2回!? 日本男子諸君に送るバレンタイントリビア

明後日に控えたバレンタイン!台湾でのバレンタインの過ごし方を日本と比較しながらお伝えします!

台湾女子のことが気になっている男子諸君。台湾の女の子ってかわいいですよね~ でも、あの子からバレンタインもらえるかな、なんて思っているとしたら、甘いです!!

せっかくなので台湾の文化を学んで、台湾流にバレンタインを過ごしてみましょう。今からでも間に合いますよ!

台湾バレンタインの6つのトリビア

トリビア1: バレンタインは2回ある

バレンタインは中国語で「情人節」と言います。台湾ではなんと年に2回も情人節があります!!

1つは日本と同じ2/14のバレンタインで、もう1つは旧暦の7/7にある七夕情人節です!

台湾ではどちらかというと旧暦の方のバレンタインを盛大にお祝いしていますね。2/14のほうは、旧正月と被ったりその前後になってしまうので、街の装飾も日本ほどはありません。(というか欧米でも日本ほどは装飾がありません笑)

とは言え多くの若い台湾人は2/14も祝いますよ!

トリビア2: プレゼントは男女両方から。チョコとは限らない!

これはむしろ日本が世界標準から離れていて、台湾が欧米と同じなのですが、特に女性が男性にチョコレートを贈る日という認識はありません!台湾の場合は日本のデパートなどもあるのでその影響でチョコを贈る人もいますが、あまり一般的とは言えません。

ではどうするかというと、特に男性から、女性からという決まりはなく、好きな相手に好きなものをあげるというのが習わしです。好きなものって言われても、というときのために、少しのガイドラインはあります。

ちなみに奥さんは、男からが当たり前、それ以外は私の周りにはない!と言っています。そういう印象操作でしょうか?笑

トリビア3: 愛情表現なら99本の花束!

バレンタインに告白、プロポーズをする男性は多くいます。レストランなどでは告白、プロポーズ用にテーブルが用意されていたり、そういうサプライズには最適な日になっています^^

プロポーズであれば、片膝をついて指輪をパカッ、というのが当たり前です。それをしないと「は?」って顔をされるというか言われます。台湾では普通に聞き返すときに「は?」と言いますが、日本人にはいつまでも慣れません… ですので、男性諸君、もしプロポーズをと考えているなら必ず片膝をつきましょう。

またそれに合わせて花束を用意することも多いです。予算があれば99本の赤やピンクのバラなんていかがでしょうか?99の発音は”久久”と同じなので末永くという意味になります。告白なら1本であなただけを、11本(「愛你一生一世」というのは有名なプロポーズでその11を取った形)で一生愛しているなどもありですよ。

日本のサイトを見たら、バラの花言葉は本数によってもこんなに違うんですね… ですが台湾なら上の本数がいいかなと思います!

トリビア4: ディナーは高級ホテルor高級レストラン

カップルや、付き合いたいと思っている二人の場合、バレンタインには高級レストランを予約してディナーを楽しむのが普通です。

そういったニーズが高いので、バレンタインの特別プランが用意されていることも多くあります。が!台湾の場合はすぐに埋まってしまうのが難点… 早めに抑えましょう。

高級レストランはちょっと手が届かないという若いカップルなどの場合には、アフタヌーンティーはいかがでしょうか?これも台湾では少し珍しい経験なので、喜ばれること間違いなしだと思います!

トリビア5:台湾に義理チョコという言葉はない

バレンタインは恋人のための日なので、特別義理チョコのような制度というか言葉はありません。なので男子諸君、本当にチョコが欲しいなら、上手くお願いするかデートに誘いましょう(2日前じゃ遅すぎるかもですが…笑)

ただうちの奥さんは、とてもかわいいので、義理チョコのようなものはたくさんもらったことがあると言っています。バレンタインだからと大きなチョコの袋を買ってきて配る人はいるみたいです。

トリビア6: 台湾にホワイトデーはないのでお返しは期待しない

そう、ホワイトデーはありません。日本では3倍返しが相場なんて言われますが、男女がそもそも半ば対等にバレンタインを祝うので、お返しという文化は特にありません。

日本ではバレンタインハラスメントなんて言葉もあるみたいですね… 義理チョコくださいとお願いしたらハラスメント。そして女性たちも誰に義理チョコを配るかで頭を悩ませています。そして男性にあげたらあげたで、3倍のお返しを要求するお返しハラスメントなんて言葉も。ちょっと息苦しくなっているバレンタイン、台湾風の祝い方を参考にしてみてもいいかもしれません。

まとめ

以上、台湾でのバレンタインを見てきました。男子諸君はこれを参考にして、ぜひ台湾女性を喜ばせるという精神でバレンタインを迎えてくださいね!

ちなみに一般的なプレゼントはこちらを参照してみてくださいね。

ABOUT ME
ありま
ありま
台湾嫁日記の管理人。台湾人と国際結婚した日本人夫。新宿区在住。'18/9 入籍、'19/5 日本挙式、'19/12 台湾挙式予定。普段は会社員として日々奮闘してます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

少しでも役に立つ/面白いと思ってもらえましたら、Twitter, Facebook, はてなブログなどでシェアしてくださるととても嬉しいです!