国際結婚

外国人の年金手帳、健康保険証、マイナンバーカード取得までの日数は?

前回の記事では、入国してから14日以内に役所に行って、住民登録しないといけない、というところまでお話ししました。そして、その際に国民年金、国民健康保険への加入手続きも済ましておいたほうがいいということをお伝えしました(その月の間に働き始めて、厚生年金、社会保険に切り替わる場合には会社、役所と相談してください)。

健康保険は即日~2週間

国民健康保険証であればその日にもらえることが多いです。というのも、役所の方で登録~印刷まで行うのですぐにできます。ただ役所によっては、後日簡易書留で送るところもあるので、確認してくださいね。

社会保険の場合は、入社してから2週間くらいで受け取れることが多いです。この場合は、会社で申請書を出して、別の健康組合がカードを発行して送るので、これくらいかかってしまいます。

ちなみに2週間の場合も特に心配はありません。もし病院に行くことになった場合はまず全額負担で払わないといけないですが、後日その領収書と届いた保険証を持って病院に行けば、返金を受けられます。

年金手帳は約1カ月

国民年金の場合、最初に役所に行ったときに手続きを行えば、その日はすぐに終わりです。そして後日政府より送られてきます。大体1カ月程度を見込んでおけばいいと思います。

厚生年金の手続きは会社で行うという違いはありますが、届くまでの日数はだいたい1カ月くらいです。

国民年金手帳は、学生などで就職する際に請求されることもあります。もし納めていなかったなどの場合は、すぐに役所に行って手続きをしてくださいね。学生納付特例を申請すれば、納付も免除されますし、1カ月後に会社に手帳も出すことができますので、安心してくださいね。

マイナンバーは通知カードまで約3週間、カードまでさらに約3週間

最初に住民登録すると、3週間後くらいにマイナンバーカードの通知カードが届きます。通知カードは自動的に貰えるので、特に事前に準備する必要はありません。

通知カードが届いたら、そのままでもいいです。通知カードのままでも確定申告など出来ますし、在留カードは顔写真付きなので、わざわざマイナンバーカードで顔写真付き身分証を手に入れるモチベーションはあまりないです。

もしマイナンバーカードを申請する場合は、通知カードの下についている申請書を記入して送れば、3週間後くらいに役所から手紙が来るので、それを持っていけば受け取ることが出来ます。

そういえば、マイナンバー制度は台湾にもあり、日本よりもはるかに浸透しています。日本でマイナンバーを空で言える人は皆無かと思いますが、台湾なら結構いる気がします!

まとめ

以上日数について見てきました!基本は入国してから2カ月以内には、全て必要なものは揃うと思います。全てなんとかなるので安心して頑張ってくださいね!

ABOUT ME
ありま
ありま
台湾嫁日記の管理人。台湾人と国際結婚した日本人夫。新宿区在住。'18/9 入籍、'19/5 日本挙式、'19/12 台湾挙式予定。普段は会社員として日々奮闘してます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

少しでも役に立つ/面白いと思ってもらえましたら、Twitter, Facebook, はてなブログなどでシェアしてくださるととても嬉しいです!