国際結婚

国外居住配偶者の税金控除 – 150万円の壁はない!

こんにちは。今回は少し真面目に税金の話をします。

会社の方で年末調整があり、扶養控除の欄があったのでしようと思ったのですが、自分のケースに当てはまる状況がネットで見つからず、税務署に問い合わせたので、せっかくなので記録として残しておきますね!日本に数百人くらいしか該当者がいなさそうですが笑、お役に立てれば!

(※金額や制度等は2018年時点のものですので、変更されることがあります)

配偶者控除とは

そもそも配偶者控除とは、配偶者の所得が少ない場合に、納付する税金額を安くする制度です。ただしそのまま税金を安くするのではなく、課税の対象となる金額を少なくします。それを控除と呼びます。

所得税と住民税の両方に対して配偶者控除はありますが、ここでは所得税を扱うことにします。

超単純な例を挙げると、年収200万円の人なら、基礎控除38万円(誰でも受けられる控除額)を引き、162万円が課税対象になります。そこから他の控除が当てはまればさらに課税対象が小さくなり、最終的な課税対象額に基づいて税金が決まります。

配偶者控除とは、配偶者の収入が少ない時、その家庭に対しての課税額を38万円追加で控除してくれる制度です。よって上の人の場合、162-38=124万円が課税対象になります。もちろん年金など収めていれば社会保険料控除、ふるさと納税などしていれば寄付控除なども合わせて受けられるので、最終的な課税対象はもっと小さくなります。

150万円の壁って何?

たまに聞きませんか、103万円の壁だったり150万円の壁だったり。。

これは何かというと、”所得が少ない”配偶者と言った時の、”所得の少なさ”の基準額を示したものです。

2018年時点では、配偶者の手取りが150万円までであれば38万円の全額が控除されます(これが去年までは103万円だったわけですね)。そこから201万円までなら、控除額が減りながら一定額控除されます。

海外に住む家族には150万円の壁はない

控除の制度は海外に住む家族にも当てはまります。そして、実は150万円の壁はありません!!

ここで言う配偶者の所得とは、配偶者が「日本で得た」所得を指します。つまり、外国に居住している家族の場合、「非居住者」という扱いになりますので、日本での所得が150万円を超えていない限り、配偶者控除の38万円が受けられます

その代わり、その家族は居住国で課税されることになりますので、二重課税を防ぐ意味でも理にかなっていますね。

しかし、もちろん条件はあります。制度の精神に則れば、そもそも所得の少ない配偶者を支えるための控除ですので、支えていること、生計を一つにしていることが条件になります

私の家の場合は、奥さんは台湾で仕事を辞めて日本に来ましたが、観光ビザで滞在していたので、正確には台湾居住です。観光ビザのため日本の収入はなく、そのため日本で得た所得は0なので、条件に該当しました。

非居住者の配偶者控除の申し込み方法

家族であることを証明するための「親族関係書類」、支えていることを証明するための「送金関係書類」が必要になります。

基本的な情報ややり方は下の国税庁のホームページに載っていますので、そちらをご参照ください。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/kokugaifuyou_leaflet.pdf

送金額などの下限等はありません。国によっては月5万円の送金で十分生きられるところもあれば、20万でも厳しい国もありますよね。そのためです。ただし、常識的な金額を送るようにしましょう。

配偶者の家族も扶養控除の対象となる

ちなみにですが、配偶者控除と同じプロセスで、扶養控除というのもあります。これは配偶者以外の親族の生活を支えていて、その人の所得が少ない場合の控除になります。そして、配偶者の家族の生活を日本から支えているのであれば、扶養控除の対象になります。

家族とは、配偶者の父母、祖父母、兄弟姉妹を指します。

これも同様に「親族関係書類」と「送金関係書類」が必要になります。

これまでは日本に出稼ぎに来る海外の労働者が、扶養に家族を10人など書いて、税金をほぼ0にしていた人もいたのですが(しかも国によっては正確な兄弟の人数などの把握が難しい…)、そんなことを防ぐためにこの2つの書類の提出が義務付けられることになりました。

まとめ

以上国外居住親族(特に配偶者)の控除のプロセスについて説明しました。配偶者を支えている場合、ちゃんと税金に申告をして国からのサポートを受けられるようにしましょう!

ABOUT ME
ありま
ありま
台湾嫁日記の管理人。台湾人と国際結婚した日本人夫。新宿区在住。'18/9 入籍、'19/5 日本挙式、'19/12 台湾挙式予定。普段は会社員として日々奮闘してます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

少しでも役に立つ/面白いと思ってもらえましたら、Twitter, Facebook, はてなブログなどでシェアしてくださるととても嬉しいです!